【色彩検定2級】独学合格体験記第2回「教材はこれを使いました」

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

  1. 前回のおさらい
  2. non-titled
  3. 問題集が高い!
  4. 合格体験記をもっと読む

前回のおさらい

カラーコーディネーター検定1級(商品色彩)に合格し、今後はブログなどで色彩や検定関連のお役立ち情報を発信していきたいと思っていた2013年1月。次は色彩検定を受けてみたらどうか?という話になりました。第1回はコチラ

non-titled

実は、カラーコーディネーター検定の受験勉強をしながらも、色彩検定のことはずっと気になっていました。「テキストがビジュアル豊富で楽しそうだな」とか、「配色カードを用いたりして、より実務に近そうだな」とか。

何より、色彩のプロとして活動している方々のプロフィールを見ると、多くの人がカラーコーディネーターと色彩検定の両方を取得している模様です。

よし、ここは私も両方取っておこう!ということで色彩検定受験を決意したのが、2013年1月の半ば。さすがに3級はスキップしても大丈夫だろうということで、2級公式テキストを買ってきたのでした。

A・F・T 色彩検定公式テキスト2級編

色彩検定2級公式テキストは、税込3,150円(2013年9月現在)。

ちょっと高いですが、公式テキストを買うことに、迷いはありませんでした。試験の運営者側が「ここから出します」と言ってくれているものを活用しない手はありません(詳細は後で述べますが、実際、テキストの記述や図表がほぼそのまま出題されます)。

テキストに、ざっと目を通してみたところ、記述が平易でビジュアル豊富、しかもオールカラー。ページ数も120ページ程度ですし、カラーコーディネーター検定2級のテキストと比較すると、かなり負担が軽そうです。

下の黄色い本がカラーコーディネーター2級テキストの新版。色彩検定2級のテキストと比較すると、2倍のボリュームです。

カラーコーディネーター検定2級公式テキストと色彩検定2級公式テキストの比較

ただ、ボリュームが少ないからといって、読むだけで頭に入るかというと、やはりそんなことはないわけで、色彩検定でも、カラーコーディネーター受験の際にとった勉強法を採用することにしようと思いました。

どういう勉強法かというと、過去の試験問題からスタートするという方法です。まず、過去問を見て、テキストから出題箇所を探しだし、マーキングをしてからテキストを読むのです。

こうすることで、テキストにメリハリがついて記憶に残りやすくなりますし、見当違いのところにマーカーを入れてしまうという悲劇も防げます。

自力で問題を解く前に、答えを見てしまうことになり、問題集が力試しに使えなくなるのでは?

という疑問が浮かぶかもしれませんが、私の経験では、試験問題は、一度見たぐらいで憶えられるものではありません。実際、試験直前に、力試しとして同じ過去問題を解いたときは、それなりに苦戦しました。

問題集が高い!

さて、そうと決まったからには、次は過去問題集の購入です。が、ここで思いがけない難関が。値段が高い!

AFT 色彩検定 公式書籍ラインナップ

色彩検定の過去問題集は、1 年度につき 1 冊が発行され、それぞれ 1 級から 3級、すなわち全級の問題が収録されているという体裁になっています。価格は1 冊税込 2,940円。

過去問は、最低、3年分は欲しいところですが、それを入手しようと思うと 9,000円弱。おそらく 2級のあとは 1 級を受験することになるので、その分はムダにならないとしても、今、一度にそれだけの出費は痛い、痛すぎる…というのが正直な感想でした。

しかし、過去問を使わない検定対策など考えられません。これはもうしかたがないかと腹をくくりました。

が、ここで思わぬ救いの手が。夫が、アマゾンで色彩検定過去問題集の「パック限定版」なるものを見つけてくれたのです。

色彩検定過去問題集('09 '10)2冊パック限定版2,000円※現在は取扱いがない模様です

色彩検定過去問題集('05 '06 '07)3冊パック限定版1,500円

これらのパックを利用すると、3,500円で5年分の過去問が手に入ることになります(ちなみに2008年度は売り切れだそう)。

しかし、AFT の公式サイトでは、今現在も1冊2,940円で売られている過去問集が、こんな激安価格で手に入るなんて怪しい。海賊版か?などという疑惑も浮上しましたが、そういうわけでもなさそうなので、とりあえずこれらを買ってみることにしました。

で、問題集が到着したのが、2月5日。ちゃんとした公式過去問集でした。

色彩検定過去問題集「パック限定版」

2011・12年の過去問集については、お得なパックはなかったので、試験までの5ヵ月の間に値下がりするかも?という淡い期待を持って、とりあえず保留です。こうして私の色彩検定2級受験生活は始まりました。

* 第3回に続く

合格体験記をもっと読む


このページのトップへ▲

ブログパーツ