【色彩検定1級1次試験】独学合格体験記第7回「1次試験直前期、そして当日」

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

  1. 前回のおさらい
  2. 色彩検定1次1週間前はこう過ごした
  3. いよいよ1級1次試験
  4. 合格体験記をもっと読む

前回のおさらい

1次の最終仕上げをしながら、2次の過去問をチェックしてみたところ、愕然。何をどうすれば解けるようになるのかさっぱり分かりません。もっと早くから着手していればよかったと思いつつ、とりあえず1次に集中することにしました。第6回はコチラ

色彩検定1次1週間前はこう過ごした

直前期、11月3日の文化の日を含む3連休は、公式テキストをじっくり読みつつ、また大幅に暗記カードを追加作成していました。

テキストを読み込むにつれ、「過去の傾向からすると、こういう細かいところも問われそうだな」という箇所が目につくようになったからです。

例えば、過去に「コチニールカイガラムシを原料とするカーマイン染料」が出題されたのであれば、「クロウメモドキの実から作ったサップグリーン」なんかも出るかもしれない、などと思ってi暗記のカードを作ってみたり。

i暗記のカード

あとJIS安全色のマンセル値なども。正直、そこまでは要らないかもと思いつつも、不安になってカード化してしまいました。

そんな調子だったので、前日にはもうやることがなく、あやうくボーっと過ごしてしまいそうになり…。

これはまずい、ということで1級1次対策の○×クイズを作ってブログで公開してみたりもしました。自分でもなかなかの出来映え。直前チェックにお役立ていただけましたら幸いです。

色彩検定1級1次試験対策○×クイズを作ってみました

いよいよ1級1次試験

そして迎えた11月10日。私はとても憂鬱でした。

なぜならば、試験開始が15:10だというのです。

日曜の午後3時といえば、通常なら、やるべき用事を片づけ、夫とのんびり家で映画のDVDを観ている時間です。そんな時間から試験を受け、家に帰ってくるのが6時とか…。

ありえない、と思いましたが、その時刻に会場にいないと試験が受けられないので、仕方がありません。

しかし、どうやって試験までの時間を過ごせばいいのか。早朝のうちに、最終チェックは済ませました。

筆記問題対策として、重要キーワードがすべて自力で書けるよう、書き取りまでやってます。それ以上、試験のことを考えていると、試験開始時刻までに気力が尽きそうです。

書き取り

なので、夫に時間つぶしに付き合ってもらいました。散歩に出たり、DVDを観たり。おかげで気分転換もでき、スッキリした気持ちで家を出ることができました。思い切って試験から離れる時間を作ることも重要なようです。

そしてたどり着いた試験会場の三宮研修センター。2級試験で来たことがある会場なので、緊張の度合いは低くてすんだのはよかったです。

三宮研修センター

試験開始の合図があってから、終了までは無我夢中でよく憶えていません。ただ、制限時間の90分間の間に、全ての問題を解いて見直しをし、自分がマークした解答を、問題用紙に書き写すところまでできました。

おかげで、帰りの電車の中で公式テキストと照らし合わせて自己採点をすることができ、まあ7割は取れているだろうとの感触が得られたのですが…。さて、果たして結果は?

* 第8回に続く

合格体験記をもっと読む


このページのトップへ▲

ブログパーツ