キサントフィル

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

キサントフィルの意味とは

キサントフィルとは、天然に存在する黄色の色素です。緑だった植物の葉が秋に黄色く色づくのは、このキサントフィルによるもの。

キサントフィルは、緑色を呈するクロロフィル(葉緑素とも呼ばれる)と共存しているのですが、秋になりクロロフィルが破壊されると、キサントフィルの黄色が現れるのです。

黄色い葉
黄色い葉
photo credit: Puzzler4879 via photopin cc

天然の黄色の色素といえば、カロチノイド(カロテノイド)が知られていますが、キサントフィルは、カロチノイドの一部。カロチノイドのうち、水素と炭素のみで構成されるものをカロチン(カロテン)類、それ以外のものを含むものをキサントフィル類といいます。

キサントフィル類をさらに細かく分類すると、ルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンなどに分かれます。

ルテインは、ホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、果物、マリーゴールドの花などに多く含まれる黄色の色素で、「キサントフィル」という言葉は、このルテインを指して使われることがあります。動物では、卵黄、カナリアの羽毛などに含まれます。

マリーゴールド
マリーゴールド
photo credit: pumpkincat210 via photopin cc

卵黄
卵黄
photo credit: tim ellis via photopin cc

カナリヤ
カナリヤ
photo credit: cacophotography via photopin cc

人間の眼の水晶体や黄斑部(網膜の中心窩周辺の黄色い部分。紫外線をカットする役割を果たすと言われています)にも存在し、そのためルテインを接種することは、眼の機能強化や、白内障など眼病の予防に効果があるとして注目されています。

ゼアキサンチンも、黄色の色素で、緑黄色野菜やトウモロコシの種子や卵黄に含まれます。ルテインと同様、人間の眼に含まれるということで、眼のぼんやりや疲労に効果があるとするサプリメントに、ルテインとともに配合されることも。

トウモロコシ
トウモロコシ
photo credit: Sharon Drummond via photopin cc

アスタキサンチンは、赤色の色素で、エビやカニなど甲殻類や、鮭、イクラなどに含まれます。高い抗酸化作用を持ち、いわゆる体のサビつきに効くとされており、こちらも健康に関心のある人々の間ではおなじみの成分となっています。

サケ
サケ
photo credit: Bas Van Uyen via photopin cc

* 「色彩の科学」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

緑の木の葉が秋に黄色に色づくのは、どの物質の色が現れるから?
A)キサントフィル
B)クロロフィル
C)イソフラボン


理解度クイズの正解:A)キサントフィル

このページのトップへ▲

ブログパーツ