減法混色

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

減法混色の意味とは

減法混色とは、色と色を混ぜた結果が、もとの色より暗い色になる混色のことです。これは絵の具やインクを混ぜ合わせたり、色の付いたセロハンを重ねたりしたときに起こります。カラー印刷は、この減法混色を利用して色を再現しています。

減法混色
photo credit: idleberg via photopin cc

減法混色における三原色は、シアン(Cyan=青緑、以下「C」)、マゼンタ(Magenta=赤紫、以下「M」)、イエロー(Yellow=黄、以下「Y」)。これらを「色料(色材)の三原色」といいます。CMYが選ばれたのは、三色で再現できる色の領域が、最も広くなるようにするためです。

CMY

CとMを混ぜると青に、MとYを混ぜると赤に、YとCを混ぜると緑になり、また、三色すべてを混ぜ合わせると黒になります。

もっとも、これは理論上の話で、印刷インクでは、CMYすべてを混ぜても、褐色にしかなりません。なので、カラー印刷の際には、ブラック(Black、以下「K」)を加えて、CMYKの四色を使って色を表わすのが一般的です。

CMYK
photo credit: i.am.rebecca via photopin cc

減法混色と反対に、色と色を混ぜた結果が、もとの色より明るい色になる混色のことを加法混色といいます。テレビ画面やパソコンのディスプレイなどは、この加法混色を利用しており、赤、緑、青の色光(光の三原色)で色を再現しています。

減法混色で再現できる色の領域は、加法混色で再現できる色の領域より狭く、特に明るい黄緑の領域でその差は顕著です。パソコンのモニターで表示できる色が、印刷で再現することができないことがあることを、理解しておきましょう。

* 「色彩の科学」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

カラー印刷に使用する四色CMYKのKって何色?
A)白
B)黒
C)黄色


理解度クイズの正解:B)黒

このページのトップへ▲

ブログパーツ