色温度

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

色温度の意味とは

色温度(いろおんど)とは、光源が発する光の色をあらわすための尺度です。単位は、絶対温度のK(ケルビン)。ある光源が発する光の色と「黒体」を加熱したときの色と比較し、色が一致したときの黒体の温度を光源の色として表わすものです。

黒体は、「外部からの放射のあらゆる波長を完全に吸収する物体」と説明されるもので、熱すると最初は暗いオレンジ色、温度が高くなるにつれて黄色みを帯びた白、そしてさらに高温になると青みがかった白い光を発するとされています。鉄を熱すると、最初は赤くなり、次第に白っぽく光るようになりますよね。そんなイメージです。

黒体が放射する光の色と、ある光源の色を比較して一致したとき、光源の色をそのときの黒体の温度で表わしたものが色温度です。例えば、暗いオレンジ色を呈している黒体の温度を2000Kだとすると、同じ色の光源の色温度は2000Kと評価されます。

この色温度は、自然光や人工照明の色を表わすのに用いられます。自然光でいうと、朝日や夕日の色温度はだいたい2000 K、平均的な太陽光は 5000〜6000 K程度。人工照明だと、ろうそくの色温度が2000K前後、白熱電球や電球色の蛍光ランプが約2800K、昼白色の蛍光ランプが約5000K、昼光色の蛍光ランプが約6500Kです。

色温度
色温度
photo credit: JSStarkey via photopin cc

ただし、黒体の色は熱放射の光の色ですので、厳密に言うと、蛍光灯のように熱放射によらない光源の色を「色温度」で表わすことはできません。蛍光灯の場合は、色温度を修正した「相関色温度」が用いられています。ただし、単位は同じKで、照明の光色を比較するときに特に区別はなされていないようです。

色温度で注意が必要なのは、一般に色から受ける温度の印象が、赤やオレンジや黄といった暖色ほど高温で、青や白は低温であるのとは逆に、暖色は色温度が低く、白や青は色温度が高いということです。また、一般の光のスペクトルと異なり、緑や紫が含まれていないことにもご注意ください。

※参考ページ
色温度(Color Temperature)
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/lamp/collortemp.htm

* 「色彩の科学」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

空間をより白くはっきりと見せたい場合、蛍光ランプはどちらを選べばよい?
A)昼光色
B)電球色


理解度クイズの正解:A)昼光色

このページのトップへ▲

ブログパーツ