アクリルニトリル・スチレン樹脂(AS樹脂)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

アクリルニトリル・スチレン樹脂(AS樹脂)の意味とは

アクリルニトリル・スチレン樹脂は、プラスチックの一種です。

CDのケースや、使い捨てのコップなどに用いられる透明なプラスチック「汎用ポリスチレン樹脂(GPPS)」を、アクリルニトリルと共重合させることによって改良したもので、GPPSより薬品に強く、耐熱性が比較的高く、表面が傷付きにくいという特長があります。

略称は「AS」。熱を加えると軟らかくなる熱可塑性プラスチックのひとつで、非結晶性です。

ちなみに、熱可塑性で非結晶性のプラスチックには、先に述べたGPPSや、無印良品の透明の収納用品でおなじみのアクリル樹脂(PMMA)、ディスプレー棚や建築用材として使われるポリカーボネート樹脂(PC)などがあります。透明のプラスチックは、だいたい非結晶性であると憶えておいてください。

ASの用途にはどんなものがあるかといいますと、ボールペンやシャープペンシルの柄や、百円ライター、扇風機の羽根、冷蔵庫の中の透明ケースなどなど。透明感と加工性が要求される日用品に用いられています。

ライター
ライター
photo credit: viZZZual.com via photopin cc

また、リサイクル性が高いのも特長で、家電製品協会では、ASをリサイクルに向いた準推奨プラスチックとしています。

* 「色彩と素材」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

プラスチックの一種、AS樹脂の特徴として正しいものはどれ?
A)リサイクル性がよくない
B)ボールペンの柄などに使われている
C)耐熱性が低い


理解度クイズの正解:B)ボールペンの柄などに使われている

このページのトップへ▲

ブログパーツ