カラーユニバーサルデザイン

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

カラーユニバーサルデザインの意味とは

カラーユニバーサルデザインとは、色覚タイプの違いを問わず、より多くの人に利用しやすい製品や施設・建築物、環境、サービス、情報を提供するという考え方のことです。色のユニバーサルデザインとも言われます。

「色覚タイプ」とは、赤から紫まで虹のスペクトルがまんべんなく見分けられる人、いわゆる色盲や色弱の人、老化によって眼に変化が生じた人など、色の見え方による分類をいいます。

赤から紫までをまんべんなく見分けられる人を一般色覚といいます。一般色覚の人は最も多く、私たちの社会は、原則として一般色覚の人の色の見え方を前提として作られています。これが他の色覚の人を困らせたり、混乱させたりする原因となっているのです。

例えば、電化製品のオン/オフを示す緑とオレンジのランプであったり、黒地に赤い文字の電光サインであったり、男女の区別を示す水色とピンクの塗り分けであったり。あなたが一般色覚をお持ちであれば、これらの色を難なく見分け、情報を得ることができるでしょう。

しかし、色覚タイプによっては、緑とオレンジ、ピンクと水色の組み合わせは、ほとんど同じように見えますし、赤い文字は黒い背景に沈んでしまい、全く目立たなかったりするのです。

色覚シミュレーション画像
色覚シミュレーション画像

純粋な芸術であれば、何色と何色を組み合わせても自由と言えますが、生活に必要な地図や案内表示、商品のパッケージや電化製品の状態を示すランプの色がそのようでは困りますよね。

こういった現状を改善しようとする動きがカラーユニバーサルデザインです。

具体的には、

  • 一般とは異なる色覚タイプの人に見分けにくい色を知り、そういった色の組み合わせを避けること
  • 見分けにくい色どうしを組み合わせる場合は、明度差をつけたり、フチをつけたりして境界をはっきりさせること
  • 色が判別できなくても情報が分かるように文字を添えること

などが提唱されています。

* 「色彩と暮らし」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

カラーユニバーサルデザインの観点から、ふさわしくないのはどれ?
A)家電製品のON-OFFを、ひとつのランプの色の違いで示す
B)黒地に書いた赤い文字に白いフチをつける
C)トイレの案内表示に文字を添える


理解度クイズの正解:A)家電製品のON-OFFを、ひとつのランプの色の違いで示す

このページのトップへ▲

ブログパーツ