鳶色(とびいろ)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

鳶色(とびいろ)とは、鳶の羽根のような色のことで、江戸時代前期から用いられるようになった色名です。

茶色い目の文学的な表現「鳶色の瞳」というフレーズでおなじみの色ですね。

ということで、画像は鳶色の瞳にしようと思い、Flickerで検索してみたのですが、なかなか該当する色の瞳が見つからず。

そこで、直球でトビ(英語でblack kiteというそうです)の画像を探してみたところ、近い色の画像が見つかりました。

鳶色のトビ
鳶色のトビ
photo credit: birdsaspoetry via photopin cc

胸からお腹にかけての羽毛の色が色見本に近似しています。

鳶色の系統色名は「暗い黄みの赤」、マンセル値は7.5R 3.5/5。

同じく暗い黄みの赤に分類されるJIS慣用色名には、「弁柄色(8R 3.5/7)」「海老茶(8R 3/4.5)」があります。

理解度クイズ(正解は記事下)


A)
B)
C)


理解度クイズの正解:

このページのトップへ▲

ブログパーツ