新橋色(しんばしいろ)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

新橋色(しんばしいろ)とは、明治の末頃から大正にかけて、東京の新橋の芸者衆の間で流行した着物の色を由来とする色名です。

合成染料を使ったそれまでにない鮮明な青は、当時とても新鮮で、芸者さんたちは、着物や小物に競って取り入れたとか。

ということで、ここはぜひとも新橋色の着物を着た芸者さんのイメージ画像を、ということで探してみました。

しかし、残念ながら、色見本ぴったりの着物の芸者さん画像は見つからず。代わりに見つかったのがこちらです。

新橋色の布地
新橋色の布地
photo credit: merwing?little dear via photopin cc

この画像の布の地色がまさに新橋色。芸者さんの人形がいっしょに写っているということで、記憶の手がかりにしていただければと思います。

新橋色のマンセル値は 2.5B 6.5/5.5で、系統色名でいうと「明るい緑みの青」。

繰り返しますと、新橋色の系統色名は、「明るい+緑みの+青」です。

これ、有彩色の系統色名の組み立て方の基本ですので、色彩検定や、カラーコーディネーター検定に挑戦する方は、ぜひとも憶えてしまってください。

他の色の系統色名を忘れてしまったときに、とても役立ちます。

理解度クイズ(正解は記事下)


A)
B)
C)


理解度クイズの正解:

このページのトップへ▲

ブログパーツ