鶸色(ひわいろ)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

鶸色(ひわいろ)とは、中世から用いられてきた色名で、鳥類スズメ目アトリ科ヒワ族の小鳥の羽根の色に由来します。

なんでそんな図鑑みたいな言い回しをするかというと、「ヒワ」という鳥は存在しないから。

「ヤッコヒワ」「マヒワ」「カワラヒワ」などはいますが、この色が、それらの鳥のうちどれからとられたか分からないので、他に表現しようがなかったんですよね。

画像は、Flickerで「ヒワ」の英名にあたる "siskin" で検索したところ、ちょうどよい色が見つかったので、そこは深く考えずに採用することにしました。

鶸色の小鳥
鶸色の小鳥
photo credit: ken-- via photopin cc

羽の色といっても、鮮やかな黄色から黒までかなりの色が含まれていますが、胸からお腹にかけてのあたりが、最も色見本に近いでしょうか。

鶸色は、系統色名でいうと「つよい黄緑」、マンセル値は 1GY 7.5/8です。

理解度クイズ(正解は記事下)


A)
B)
C)


理解度クイズの正解:

このページのトップへ▲

ブログパーツ