藤色(ふじいろ)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

藤色(ふじいろ)は、フジの花からとられた色名。平安時代から用いられてきた、伝統的な色名です。

フジは、4月下旬から5月上旬に長い穂のような花を垂れて咲く木で、日本では、昔から観賞用の植物として しまれてきました。

藤色のフジ
藤色のフジ
photo credit: TANAKA Juuyoh (田中十洋) via photopin cc

JIS慣用色名の藤色は、系統色名でいうと「明るい青紫」。マンセル値は10PB 6.5/6.5です。

なお、JIS慣用色名の外来色名に同じくフジを由来とする色名"wisteria(ウィスタリア)"が収録されていますが、こちらは10PB 5/12。

化学染料が出現してからの色名だけあり、彩度がかなり高いです。また、色相10PBで藤色と同じなのですが、ウィスタリアの方が青みが強く見えます。

理解度クイズ(正解は記事下)


A)
B)
C)


理解度クイズの正解:

このページのトップへ▲

ブログパーツ