江戸紫(えどむらさき)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

江戸紫(えどむらさき)とは、武蔵野の名草とされる紫草で染める紫色で、江戸っ子の自慢の種だったとか。

江戸紫は、系統色名でいうと「こい青みの紫」でマンセル値は3P 3.5/7。伝統的な京の紫より青みがあるとされています。

ちなみに、伝統的な京の紫は、江戸紫のような近世の紫の出現を受け、「古代紫」と呼ばれるようになりました。

「古代紫」は、JIS慣用色名にも収録されており、系統色名は「くすんだ紫」、マンセル値は7.5P 4/6です。

画像は、東京スカイツリーのライティングのバリエーションのひとつ「雅」。

江戸紫のライティング(東京スカイツリー)
江戸紫のライティング(東京スカイツリー)
photo credit: Zengame via photopin cc

「雅」は、江戸紫をテーマカラーとし、優雅で気品あるイメージを表現するライティングだそうです。

画像を探してみたところ、江戸紫の色見本に近い色が再現されていたため、大喜びで使わせてもらうことにしたのでした。

理解度クイズ(正解は記事下)


A)
B)
C)


理解度クイズの正解:

このページのトップへ▲

ブログパーツ