マルーン(maroon)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

「マルーン(maroon)」は、スペイン産の大粒の栗を由来とする色名です。

イタリア語で「マローネ」と呼ばれていたのが、フランス語で「マロン」となり、18世紀に英語で「マルーン」となったとか。

JIS慣用色名におけるマルーンは、系統色名でいうと「暗い赤」でマンセル値は5R 2.5/6。

この「マルーン」という色は、京阪神の人々にとっては、阪急電鉄の車両の色としておなじみの色。

マルーンの阪急電車
マルーンの阪急電車
photo credit: muzina_shanghai via photopin cc

2011年に、中谷美紀さん主演の映画『阪急電車』が全国的に公開されたので、他の地域にお住まいの方もご存じかもしれません。

語源は栗なのに、阪急電車のマルーンは、「小豆色」と表現されることが多いのが面白いところです。

ちなみに、阪急のマルーンは5R 1.5/4.7だそうで、JIS慣用色のマルーンより明度・彩度ともに低いのですが、この画像は、JIS慣用色の色見本に近く写っています。

理解度クイズ(正解は記事下)


A)
B)
C)


理解度クイズの正解:

このページのトップへ▲

ブログパーツ