ゴールデンイエロー(golden yellow)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

ゴールデンイエロー (golden yellow) は、黄金の輝きを感じさせる黄のことで、16世紀頃から用いられている色名です。

初期ルネサンス期の絵画では、金色は金の泥絵具を使って表現されていたのですが、やがて黄色を用いて表現されるようになったそう。

ただ、JIS慣用色名のゴールデンイエローは、黄というよりオレンジに近い印象ですね。

そこで、"orange" で検索してみたところ、ゴールデンイエローの色見本に近い画像が見つかりました。

ゴールデンイエローの夕陽
ゴールデンイエローの夕陽
photo credit: Kuzeytac via photopin cc

空の明るい部分と暗い部分の境の、光が弧を描いているように見える辺りの色が近似していると思われます。

ゴールデンイエローは、系統色名でいうと「つよい赤みの黄」、マンセル値は7.5YR 7/10です。

理解度クイズ(正解は記事下)


A)
B)
C)


理解度クイズの正解:

このページのトップへ▲

ブログパーツ