四十八茶百鼠

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

四十八茶百鼠の意味とは

四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)とは、江戸時代の町人が工夫して編み出した、茶系、鼠色(灰色)系の染色のバリエーションを指す言葉です。ここで言う「四十八」「百」は「たくさん」という意味。実際には茶系も鼠色系もそれ以上のバリエーションがあったそうです。

検定的には、色彩検定では1級、カラーコーディネーター検定では3級の出題範囲。四十八茶百鼠のうち、両テキストに登場する色名をピックアップしてみました。

四十八茶百鼠の鼠色系の色
四十八茶百鼠の鼠色系の色

四十八茶百鼠の茶系の色
四十八茶百鼠の茶系の色

同じ色名でも、色に幅があるようですので、複数の色見本を参考にしながら、だいたいこのへんかな、という落としどころを採用しています。また、★の付いた色名は、JIS慣用色名に収録されており、色彩検定2級の巻末に載っています。

さて、上記の例だけでも、鼠色や茶色の中に豊かなバリエーションがあることがお分かりいただけたと思うのですが、江戸の町人の皆さんは、なぜこのような色を競って編み出したのでしょうか。

きっかけは、当時、町人の贅沢を禁止する、奢侈禁止令(しゃしきんしれい)というおふれが出されたことだという説が有力です。

江戸時代、裕福になった町人の中には、衣装に贅を尽くすようになった人々がいました。総鹿の子、金刺繍などの豪華な衣装が競うように作られ、寛文年間(1661年〜1672年)には、『新撰御ひいなかた』という今日で言うファッション誌も。富豪町人の奥さんや娘さんの衣装比べが話題となったそうです。

そんな状況に待ったをかけたのが、幕府。「小袖の生地の値は1反200匁以下にすること」などの決まりを作って、町人が刺繍や染色にお金をかけられないようにしてしまいました。

また、江戸時代後期には、町人の紅や紫などの染色が禁止に。そこで、町人の皆さんは、手頃あり禁止もされていなかった植物由来のタンニンや、どんぐりや炭で作った染料、藍などを使って、茶色、ねずみ色、紺色などの範囲で微妙に異なるさまざまな色を編み出したのです。なんとも粋な話ではありませんか。

歌川国芳『国芳模様 正札附現金男 五尺染五郎』
歌川国芳『国芳模様 正札附現金男 五尺染五郎』
photo credit: freeparking :-| via photopin cc

こういった色のうち、茶系、鼠色系の色の総称が四十八茶百鼠です。茶系の色では、歌舞伎役者から名が取られたものが有名。例えば、「団十郎茶」は市川団十郎が代々用いている色で、現代でも襲名披露などでこの色の裃(かみしも)が使われるそうです。

他方、「利休茶」「利休鼠」という色は、「利休」が入っていますが、千利休が好んで用いていた色というのではない模様。江戸の人たちが緑っぽい色から抹茶を想像したのか、何となく「利休っぽい」ってことで色名をつけたという説が有力のようです。

ということで、このページでは、江戸時代の町人文化の特徴を表す用語「四十八茶百鼠」について解説しました。「奢侈禁止令」というキーワードとともに、しっかり押さえておいてください。

* 「色彩と文化」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

四十八茶百鼠と呼ばれる色群が生まれるきっかけとなったのは?
A)武家諸法度
B)侘茶の完成
C)奢侈禁止令


理解度クイズの正解:C)奢侈禁止令

このページのトップへ▲

ブログパーツ