アースカラー

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

アースカラーの意味とは

アースカラーとは、1970年代前半から中頃にかけて流行した、土、砂、木、植物など自然物をほうふつとさせる、主に茶系の色のことです。

アースカラーのファッション
photo credit: Hernan Irastorza via photopin cc

ややこしいのが、定義によって含まれる色に幅があること。例えば、カラーコーディネーター1級(商品色彩)検定テキストでは「ブラウン、グリーン、オリーブ」、同検定3級テキストでは「ブラウンやベージュ」と解説されています。

それに対し、色彩検定1級テキストでは、こげ茶やテラコッタなど赤みがかった茶色のみが「アースカラー」。ベージュや明るい茶色は「ナチュラルカラー」と分類され、カーキやオリーブは独立した流行色として扱われているという(公式テキストP.108〜109参照)。

これは困ったなあと思いましたが、このサイトでは、両検定を対象としているため、幅を広く取って、ベージュからオリーブまでを「アースカラー」として、話を進めてまいりたいと思います。

さて、アースカラー人気は、1960年代後半に、アメリカの若者層に支持された「ヒッピールック」など、自然志向のファッションから火がついたと言われます。そしてその後、ファッションだけではなく、車や家電などにも幅広く用いられるようになりました。

アースカラーの車
photo credit: chal70 via photopin cc

この流行は日本にも波及します。例えば、1973〜74年に販売されていた、トヨタのカローラ・レビンとスプリンター・トレノのJ1600モデルのカラーバリエーションのひとつはオリーブでした。

そういえば、私の大叔父の当時の車、確かスズキのフロンテという軽自動車だったと思うのですが、それがやはりオリーブ色でしたね。

スズキフロンテのWikipediaからは、67年〜79年までに販売されていたモデルにおいては、ブラウンやグリーン系の色が代表的だったことがうかがえます。

さて、日本におけるアースカラー支持の背景には、公害問題、73年のオイルショックに伴う不景気などがあったとされています。

高度成長のお祭り気分から一転、厳しい現実に直面し、自然を大切にしよう、地に足がついた生活をしようという気分になった人々にとって、濁色系のアースカラーは、しっくりくる色だったのだろうという話。

日本がオイルショックから回復し、工業先進国の地位を確固たるものにした80年代には、アースカラー人気は終息し、再び自然を思わせる落ち着いた色が人気となったのは、バブル崩壊後の1990年前後だったという流れを考えると、とても説得力がありますね。

ただ、注意が必要なのは、90年前後に流行したベージュ系色は、「アースカラー」ではなく「エコロジーカラー」と呼ばれるのが一般的だということです。

また、エコロジーカラーには、海や空などをイメージさせる青系の色をも含む点が、アースカラーとは異なるところ。

地球
photo credit: NASA Goddard Photo and Video via photopin cc

なお、色彩検定1級で、アースカラー以前の流行色として扱われている「ナチュラルカラー」ですが、現在も一般的に使われる用語で、洗いざらしの布や白木の色など「自然素材の色」を指します。

ナチュラルカラーの例
photo credit: storebukkebruse via photopin cc

  • アースカラー=土、砂、木、植物など自然物の色。茶系だけを対象とする説と、グリーン系まで含める説がある
  • エコロジーカラー=茶系の色と青系の色をも含む
  • ナチュラルカラー=洗いざらしの布や白木の色

と憶えておいてください。

* 「色彩と文化」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

1970年代に、アメリカで流行したベージュ、ブラウン、オリーブなどの色は、まとめて何と呼ばれていた?
A)エコロジーカラー
B)アースカラー
C)ナチュラルカラー


理解度クイズの正解:B)アースカラー

このページのトップへ▲

ブログパーツ