キアロスクーロ

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

キアロスクーロの意味とは

キアロスクーロ(Chiaroscuro)とは、イタリア語で「明暗」を意味する言葉で、絵画の世界においては、明暗のコントラストによって対象物を表現する技法を指します。明暗法、または陰影法ともいいます。

この手法は、中世ヨーロッパで発達し、15世紀初期にはイタリアやフランドル(現在のベルギー、オランダ、フランスの一部)で一般的になっていましたが、16世紀のバロック絵画ではより強烈な明暗による表現が模索され、17世紀の画家たちがそれを発展させました。

その17世紀の画家の代表が、イタリアのミケランジェロ・カラヴァッジオです。カラヴァッジオは、1600年の代表作『聖マタイの召命』で、画面の大半を占める闇の中、聖マタイの衣服の色を光の中に浮かび上がらせるように描きました。この光は、実際の光ではなく、神の救済を意味する表現なのだそうです。

聖マタイの召命
聖マタイの召命
"Michelangelo Caravaggio 040" by Michelangelo Merisi da Caravaggio - The Yorck Project: 10.000 Meisterwerke der Malerei. DVD-ROM, 2002. ISBN 3936122202. Distributed by DIRECTMEDIA Publishing GmbH.. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

また、『聖マタイの召命』と対になる、『聖マタイの殉教』も同様に劇的な光と影の対比を用いて描かれています。

聖マタイの殉教
聖マタイの殉教
photo credit: Gaetano Crisafulli via photopin cc

こうしたカラヴァッジオの創作は、のちのレンブラントにも影響を与えました。キアロスクーロを用いたレンブラントの代表作には、『フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ラウテンブルフ副隊長の市民隊』、通称『夜警』があります。

夜警
夜警
"The Nightwatch by Rembrandt" by Rembrandt - www.rijksmuseum.nl : Home : Info. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

ちなみに、この作品は、市民隊全員の肖像画ということで依頼を受けたのに、中央の3人だけが光の中に浮かび上がり、他のメンバーの肖像は闇の中に沈んでいるということで大層な不況を買い、こののちレンブラントへの肖像画の依頼は激減したとかしないとか。

ところで、キアロスクーロは、光と影のコントラストを強調した写真の技法の名称としても用いられます。THE BEATLESの『With the Beatles』のジャケット写真などが、その好例とされます。

With the Beatles
With the Beatles

* 「色彩と文化」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

キアロスクーロという表現技法がジャケットに使われているビートルズのアルバムは?
A)Sgt. Pepper's Lonely Hearts, Club, Band
B)With the Beatles
C)Yellow Submarine


理解度クイズの正解:B)With the, Beatles

このページのトップへ▲

ブログパーツ