トリコロール

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

トリコロールの意味とは

トリコロール(tricolore)とは、「三つの色」という意味です。なので、「トリコロール配色」は三色配色のこと。

ただ、三色配色なら何でもよいかというとそうではなく、高彩度の色や、明度差のの大きい無彩色を組み合わせた、明快な三色配色を指すのがポイント。代表的なのは、フランス国旗のような青・白・赤の配色です。

フランス国旗
フランス国旗

その他、イタリア国旗のような緑・白・赤、ドイツ国旗のような黒・赤・黄など、三色旗の配色もトリコロール配色と言うことができます。

イタリア国旗
イタリア国旗

ドイツ国旗
ドイツ国旗

繰り返しますが、単なる三色配色ではなく、コントラスト感のある三色配色がトリコロール配色。ビビッドトーンなどの高彩度色だけでもよいのですが、三色のうち一色を、明度差が大きい無彩色にすると、よりコントラスト感が高い配色となります。

よりコントラスト感が高い配色

ただ、ここで配色技法一般の話と、ファッション配色における違いに注意!ファッションにおいては、「トリコロール配色」は、フランス国旗のような青・白・赤の三色配色のみを指すようです(色彩検定2級公式テキスト73ページ参照)。

もっとも、フランス国旗と同じような彩度の高い赤や青を使わなければならないわけではなく、例えば青がネイビーに置き変わったり、赤が黄みによったりと、類似色相・類似トーンまでは許容範囲である模様。

トリコロール配色の軍服
トリコロール配色の軍服
photo credit: LWPrencipe via photopin cc

トリコロール配色のファッション
トリコロールカラーのファッション
photo credit: Mish Mish via photopin cc

なお、「トリコロール」に似た言葉には、「ビコロール」があります。ビコロール(bicolore)は、「二つの色」という意味で、「ビコロール配色」というと二色配色のことになります。

ポイントは、ビコロール配色も、トリコロール配色同様、コントラスト感を必要とすること。例えば、赤と白のボーダー模様などがあてはまるのですが、詳しくは「ビコロール配色」の項目で説明しますね。

ビコロール配色のファッション
ビコロール配色のファッション
photo credit: magic robots via photopin cc

* 「色彩調和と配色」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

ファッションにおけるトリコロール配色とは一般的に次のうちどれを言う?
A)緑×白×赤
B)青×白×赤
C)メリハリのある三色なら何でも


理解度クイズの正解:B)青×白×赤

このページのトップへ▲

ブログパーツ