テトラ―ド(テトラ―ド配色)

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

テトラ―ド(テトラ―ド配色)の意味とは

テトラードとは、スイスの芸術家ヨハネス・イッテンがまとめた配色調和の形式のひとつ。「テトラード(tetrad)」は、「4つ一組の」という意味です。

色相環を均等に4つに分割する位置にある4色から構成される四色配色のことで、イッテンの作った色相環以外にも適用されています。テトラードを構成する色相環上の点を結ぶと、正方形ができあがります。

テトラード

テトラード配色は、2組の補色色相配色の組み合わせと言うこともでき、その印象は、カラフルで変化に富むというものです。

用いるカラーシステムによって多少の違いはありますが、色名で言うと、例えば、赤、黄、緑〜青緑、青〜青紫の組み合わせがテトラードに該当すると言えます。こちらのシャガールの作品をご覧ください。

シャガール
photo credit: Cea. via photopin cc

なお、ヨハネス・イッテンが提唱した調和する配色調和の形式のうち、色相環の用いる色を結ぶと多角形になるものには、テトラードの外にトライアド、スプリットコンプリメンタリー、ペンタード、ヘクサードがあります。

トライアドとスプリットコンプリメンタリーは三色配色、ペンタードは五色配色、ヘクサードは六色配色。

いずれも、カラーコーディネーター検定や色彩検定の頻出項目です。配色名を聞いたらすぐに、色相環上の位置関係や色数を思い浮かべられるようにしておいてください。

* 「色彩調和と配色」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

テトラード配色と両立しうる場合がある配色は?
A)二組の補色色相配色
B)トリコロール配色
C)スプリットコンプリメンタリー配色


理解度クイズの正解:A)二組の補色色相配色

このページのトップへ▲

ブログパーツ