暗清色

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

暗清色(あんせいしょく)の意味とは

暗清色(あんせいしょく)とは、絵の具や塗料の純色(ひとつの色相のうち、最も鮮やかな色)に、黒のみを加えてできる色群のことです。

黒を加えると、明度は下がり暗くなりますが、もとの色みは澄んだまま残っているので、こう呼ばれます。「シェード(shade)」ともいいます。

等色相断面でいうと、右側の頂点が純色、下側の右上がりの辺に沿った色群が暗清色。CCICのトーンだと、vvが純色、oB、vd、dk、dp、vlあたりがそうです。

等色相断面
等色相断面

PCCSにおける暗清色
PCCSにおける暗清色

明度は低いのですが、等色相断面の真ん中あたりの色側の色群と比較すると、くすみがなく、引き締まった印象があるのが暗清色の特徴です。一般に、「重厚」「格調高い」「男性的」などのイメージがあるとされていますので、そのようなイメージが必要なものの配色に使用するとよいでしょう。

これに対して、等色相断面の上側の右下がりの線に沿った色、トーンでいうとoW、vp、pl、lt、vhあたりの色を「明清色(めいせいしょく)」といいます。純色に白のみを加えた色群で、イメージは「爽やか」「清楚」など。いわゆる「パステルカラー」はここに含まれます。

では、等色相断面の真ん中あたりの色は何なのかというと、これらは純色に白と黒、すなわち灰色を加えた色群で「濁色(だくしょく)」といいます。暗清色や明清色と比較すると、落ち着いたまろやかな印象です。

配色でイメージを表現したいときに便利ですので、「暗清色」「明清色」「濁色」という概念は、ぜひ押さえておいてください。

* 「色彩調和と配色」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

暗清色ってどんな色?
A)重厚なイメージがある色 B)にぶい穏やかな色 C) 若々しいイメージの色


理解度クイズの正解:A)重厚なイメージがある色

このページのトップへ▲

ブログパーツ