マンセルシステム

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

マンセルシステムの意味とは

マンセルシステムとは、色を並べて体系化し、客観的に表わせるようにしたカラーオーダシステム(カラーオーダーシステム)の一種です。

カラーオーダシステムには、他にCCIC、NCS、PCCSなどがありますが、日本で最も知名度が高く、産業界で広く用いられているのがマンセルシステム。カラーコーディネーター検定では3級、色彩検定では2級の必須学習内容となっています。

マンセルシステムは、アメリカの美術教師のアルバート・ヘンリー・マンセルが1905年に考えたシステムで、「マンセル表色系」「マンセル体系」とも言われます。

この人がマンセルさん↓
マンセル
"Albert-munsell" by Original uploader was Jacobolus at en.wikipedia - Transferred from en.wikipedia; transfer was stated to be made by User:aboalbiss.. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

マンセルは、色の「色相」「明度」「彩度」の三つの属性(これを「色の三属性」といいます)に着目して色を分類し、1929年に色票集として出版しました。

しかし、その後、アメリカ光学会(OSA)がマンセルの色票集の色を測定したところ、色の並び方にムラがあることがわかったのです。カラーオーダシステムにおいては、色と色の並びは均等でなければならないのに、これは致命的です。

そこで、マンセルさんの色票集は修正され、1943年に「修正マンセル表色系」が発表されました。修正マンセル表色系は、今日まで代表的なカラーオーダシステムとして使われてきており、日本工業規格(JIS)もこれを採用しています。

マンセルシステムにおいては、色を「色相 明度/彩度」(「Hue Value/Chroma」、または略して「H V/C」とも言う)で表わします。 例えば、カラーコーディネーター3級テキストでおなじみの「新橋色」(明るい緑みの青)は「2.5B 6.5/5.5」となります。

マンセル値

「B」は青色、2.5は色相環における位置を表わします。分かりやすくするために、いくつか図を作ってみました(ご注意:いずれも色の位置を把握するためのものであり、色の正確さを保障するものではありません)。

色相環1

色相環2

明度「6.5」は10段階ある明度の6.5の位置にあること、彩度「5.5」は0〜14の数値で表わされる彩度の5.5の位置にあることを示します。

新橋色の等色相面上の位

明度は数値が大きいほど明るく、彩度は0が無彩色で、数値が大きいほど鮮やかです。なお、彩度の最大値は色相によって異なり、青では8ですが、橙から黄にかけては、14が最大値となります。

5YRの等色相面
5YRの等色相面

上の2枚のような図を「等色相面」といいます。

色相・明度・彩度の関係をモデル化したのが次の図ですが、新橋色の位置を示した等色相面図は、モデルを水色の点線で切った断面、5YRの等色相面は、オレンジ色の点線で切った断面だとお考えください。

色の三属性のモデル図

なお、実際のマンセルシステムの色票を立体的に並べると、円筒形ではなく、表面がでこぼこした歪んだコマのような形になります。これは、色相によって等色相面の色の分布が異なるためです。

ということで、この記事はカラーコーディネーター検定でも色彩検定でも必須のマンセルシステムについてでした。「色相 明度/彩度」の表記の方法やそれぞれの意味について、しっかり押さえておきましょう。

* 「色彩調和と配色」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

マンセルシステムについて、適切なのは?
A)色相とトーンで色を表示する
B)色相は大きく24に区分される
C)JISに採用されている


理解度クイズの正解:C)JISに採用されている

このページのトップへ▲

ブログパーツ /assets.pinterest.com/js/pinit.js">