同一色相

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

同一色相の意味とは

同一色相(どういつしきそう)とは、ある色と色相環上で同じ位置にある色を言います。

24色相からなるPCCS(日本色研配色体系)では、色相差が0(ゼロ)の色。すなわち8:Yの同一色相は8:Yです。

8Yと同一色相
8Yと同一色相

同一色相の場合、トーンも同一だと、全く同じ色になってしまいます。

色相・トーン同一
1:色相・トーン同一

なので同一色相配色の場合は、トーンに変化を付けるのが一般的です。図は、色相は全て8:Yで、トーンに変化を付けた配色。左側がビビッド(v)トーンで、それぞれ右側がトーン違いの色です。

同一色相・トーン違い
2:同一色相・トーン違い

同じ同一色相配色でも、組み合わせるトーンによって、印象が全く異なることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

トーンの記号と位置は、こちらのトーン区分図をご参照ください。

トーン区分図
3:トーン区分図

vとb(ブライト)のように類似トーン(トーン区分図で隣に位置する色)組み合わせは、色の微妙な差異を楽しみたいときに用います。bとlt(ライト)、ltg(ライトグレイッシュ)とsf(ソフト)の組み合わせも同様です。

同一色相・トーン類似
4:同一色相・トーン類似

他方、vとg(グレイッシュ)などのように対照的なトーン(トーン区分図における位置が大きく離れたトーン)を用いると、色相の統一によるまとまり感は維持しつつ、変化に富んだ印象となります。

こういった、同一色相でトーンの違いをつけた配色を、「トーンオントーン配色」とも言います。例えば、ltとdk(ダーク)、dp(ディープ)とdkg(ダークグレイッシュ)組み合わせなども、トーンオントーン配色に該当します。

同一色相・トーン対照
5:同一色相・トーン対照

* 「色彩調和と配色」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

次のうち、同一色相配色と両立するのは?
A)ナチュラルハーモニー
B)トーンイントーン配色
C)トーンオントーン配色


理解度クイズの正解:C)トーンオントーン配色

このページのトップへ▲

ブログパーツ