アクセントカラー

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

アクセントカラーの意味とは

アクセントカラー(accent color)とは、ファッション、インテリア、景観などの配色を、面積のバランスという観点から語るときに使われる用語で、全体の色調に変化をつけたり、他の色を引き立てたりする役割を持つ色のことです。日本語で「強調色」と表現することもあります。

全体の中でもっとも大きな面積を占める「ベースカラー」や、次いで大きな面積を占める「アソートカラー」に対し、対比的な色を小面積で用いるのが一般的です。

ここで"小面積"とは、一体どのぐらいなのかが気になりますね。この点、色彩検定2級公式テキストには、インテリアにおける配色構成の場合、アクセントカラーは「1割以下に抑える」という記述があります(90ページ参照)。

他方、カラーコーディネーター2級公式テキストのアクセントカラーについての項目には、その割合が数値では示されていません(240ページ参照)。ただ、同ページ掲載の、プロダクトやインテリアの色を抽出して分析したグラフによると、全体の1割程度に納まる対比的な色を、アクセントカラーと考えている模様。

では、ここでアクセントカラーの効果を実感していただきましょう。

まずは、アクセントとなる色が認められないインテリアの画像から。類似の色相やトーンのみでまとめた配色には、統一感や穏やかなムードを醸し出すことができるという長所がある一方、単調でぼやけたような印象になりやすいという短所があります。

類似色でまとめたインテリア
photo credit: coco+kelley via photopin cc

その点、クッションなどの小物にベースカラーやアソートカラーと対照的な色を用いると、全体を引き締めたり、ある一点に注目を集めたりすることができるのです。

アクセントカラーの例
photo credit: wallyg via photopin cc

ただ、ここでご注意いただきたいのが、赤や黄緑のような「派手な色・目立つ色」=「アクセントカラー」ではないということです。

例えば、上の写真の壁が、煉瓦色のような赤っぽい色だったとするとクッションの赤はアクセントカラーとは言えません。

他方、下の写真の椅子やテーブルの色は、派手ではありませんが、白い壁や椅子、グレイッシュな床の色に対してアクセントカラーとなっていると言えるでしょう。

地味な色がアクセントカラー
photo credit: coco+kelley via photopin cc

この場合、椅子やテーブルの色の明度が、周囲と比べて低いので、その対比においてアクセントカラーと言えるわけです。

アクセントカラーで重要なのは、周囲の色と色相・明度・彩度の差をつけることであると、ご記憶ください。

* 「色彩調和と配色」をもっと読む

理解度クイズ(正解は記事下)

アクセントカラーが全体の面積に占める割合として適切なのは?
A)10%
B)20〜40%
C)50%以上


理解度クイズの正解:A)10%

このページのトップへ▲

ブログパーツ