【カラコ3級】合格体験記第2回「カラーコーディネーター検定を受験しよう!」

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

  1. 前回のおさらい
  2. 色のコーディネートの問題に直面
  3. カラーコーディネーター検定3級を受験しよう
  4. 合格体験記をもっと読む

前回のおさらい

第1回は、自己紹介を兼ねて、カラーコーディネーターの学習をする前の私が、いかに色のセンスがなかったかを書きました。アパレル店員の経験まで経たのに、服選びに失敗しまくりの日々。このページは、「ああ、私にはつくづくセンスがないのだな。もう無理をするのはやめよう」と観念してからの話です。第1回はコチラ

色のコーディネートの問題に直面

そんな私が、再び「色のコーディネート」という問題に直面したのは、パソコンで画像編集ソフトを使うようになってからです。

2005年から趣味のブログを始め、それ用の画像を作るために、ソフトを使ってパソコン上でイラストを描いたり、写真と文字を合成したりするようになったのですが、これがまた何ともアカ抜けない感じで。

同じくブログを始めていた夫からも、画像の作成を頼まれることがあったのですが、やはり色使いに関して、ダメ出しされることがしばしばありました。「見えにくい」「ぱっとしない」など。

幸い、絵を描くテクニックの方は何とか向上し、2008年には私がイラスト担当、夫がサイト作りという分担で『素材屋小秋』という Webイラスト素材屋さんをオープンするに至ったのですが、相変わらず、色使いには全く自信が持てませんでした。

どういう状態かというと、試行錯誤をして、たまたま人から誉められたものがあったらそれを繰り返すのみ。若い頃のファッションと同じですね。

「これではまずい」と思いました。これでは毎度同じような色を使った作品しか作れず、飽きられてしまいます。そこでようやく思い至ったのが、色彩のことを勉強してみたらどうか、ということでした。

まず試してみたのは、図書館で色彩関連の本を借りて読んでみることでした。色彩学の基礎的なもの、配色テクニックの解説本、色と心理の関係についての本、日本の伝統色図鑑などなど。

しかし、それらの本に書かれた知識は、頭にまったく入らず、作品のクオリティの向上につながることはありませんでした。

そんなある日、夫がこんなことを言いました。

「そりゃ試験が控えてるとかいうのでもない限り、真面目に憶えようって気にもならないでしょ。何かの知識を身に付けようと思ったら、その道の資格試験でも受けるのが一番だと思うけど」

その言葉に、「あ、なるほどな」と納得し、そこで思い出したのが「カラーコーディネーター」でした。当時からさかのぼること数年前、知人が「カラーコーディネーター3級を取った」と言っていたことを思い出したのです。

その時は、「おめでとう!いろいろ頑張ってるんだね」ぐらいの感想で、軽くスルーしてしまったのですが、もしかしたら、そのカラーコーディネーターなる資格試験が突破口になるかもしれません。

一体、どんな試験なのか、さっそく調べてみることにしました。2009年10月半ばのことです。

カラーコーディネーター検定3級を受験しよう

調べてみて分かったのは、「カラーコーディネーター検定試験(R)」は東京商工会議所の主催であること、3級から1級まであること、毎年 6月と12月の2回(1級は12月のみ)、検定が実施されるということでした。

受験を思い立ったのが、2009年10月半ば。直近の試験は12月初旬で、すでに2カ月を切っていましたが、受験申し込みの締め切り日を確認すると、ギリギリ間に合うことが分かりました。

問題は、試験まで2か月切った時点から勉強を始めて、間に合うのだろうかということでした。ネットで調べてみたところ、3級の学習期間の目安は3か月とのこと。

が、2〜3週間の勉強で OK だったというツワモノの体験談もあり、詰めて勉強すれば、2か月弱でもいけるのではないかという気がしてきました。

それに、仮に次の試験まで受験を先送りにしたとすると、受験するのは翌年、2010年の6月でおよそ8か月後となります。多めに見積もって学習期間3か月といわれる試験に、8か月を費やすのは、いくら何でも長いですよね。

自分の性格からすると、ダレる→飽きる→受験しないという展開が目に見えるようでしたので、不安はありましたが、やはり直近の2009年12月に受験することに決定。さっそく公式テキストと公式問題集を購入し、受験申し込みも済ませました。

カラーコーディネーター検定の受験申し込みは、東京商工会議所のホームページから、インターネットを通じてできます。

申込登録受付期間は毎回、試験日の約2ヵ月半前から1ヵ月半前の約1ヵ月間。6月半ばに行われる試験は、4月の初めから5月の初めが申込登録期間、12月初め(または11月末)の試験は、9月半ばから10月半ばが申込登録期間となります。

申込登録をすると、受験料の払込票が届きますので、払込期限までにそれを持ってコンビニか郵便局に行き、払い込みをします。

注意しなければならないのは、払込が完了して初めて受験申込が完了すること。期限までに支払いをしないと、受験することができません。ちなみに、3級受験料は、2014年現在5,250円です。

* 第3回に続く

合格体験記をもっと読む


このページのトップへ▲

ブログパーツ