【カラコ2級】合格体験記第8回「合格通知が届いた!」

new 検定試験対策はコチラ → カラーコーディネーター検定 色彩検定

  1. 前回のおさらい
  2. カラーコーディネーター2級の合格通知が届いた
  3. まとめ
  4. 終わりに
  5. 合格体験記をもっと読む

前回のおさらい

いよいよカラーコーディネーター2級試験当日。色々あって動揺しつつも、1時間で問題を解き、見直しを終え、直後に自己採点ができるように問題もメモ。自己採点の結果は合格だったのですが…。第7回はコチラ

カラーコーディネーター2級の合格通知が届いた

2011年12月に受験したカラーコーディネーター検定2級の結果は合格でした!2012年1月13日に合格通知が届きました。

合格通知には成績表がついています。結果は自己採点どおりの93点。大丈夫だろうと思ってはいましたが、正式な通知が届くと、やはりほっとします。

合格の場合、試験結果には、「カラーコーディネーター検定試験合格証」が同封されています。

東京商工会議所によると、カードの画像を載せるのは問題があるそうで、お見せすることができないのが残念ですが、クレジットカード大のプラスチックのカードで、称号「2級カラーコーディネーター」の記載とともに、氏名、生年月日、試験回次、証書番号、試験地が記されています。

まとめ

さて、ここで、私の2級検定受験体験記を、まとめてみたいと思います。

■年齢・性別
41歳(当時)女性
■職業
平日:派遣OA事務(フルタイム)、土日:スーパー惣菜部門のアルバイト(朝7時から11時)
■色彩に関する学習経験や職業経験
カラーコーディネーター検定3級合格(2009年)
■受験の動機
3級で学んだ知識だけでは配色に自信が持てなかったので
■学習期間
3ヵ月半
■1日の学習時間
平均1時間(車中含む)
■使用した講座
なし(独学)
■使用した教材
  • 東京商工会議所編「カラーコーディネーション第2版 カラーコーディネーター検定試験2級公式テキスト」
  • 東京商工会議所編「カラーコーディネーター検定試験2級問題集第 2版」
■かかった費用
  • 公式テキスト 4,830 円(税込)
  • 公式問題集 2,100 円(税込)
  • 検定料 7,140 円
  • 情報カード 200 円ぐらい
■勉強法
  • テキストにざっと目を通した後は、問題集収録の問題を見て、テキストの該当箇所にマーキングをする
  • テキストのマーキングがついた箇所や、その他重要だと思える箇所を片っ端からカード化して暗記する(カードにして150枚ぐらい)
■得点
93点
■受験してよかったこと
  • 3色以上の配色が自信を持ってできるようになった
  • ファッションや、パッケージなど身の回りの色の分析ができるようになった
  • 色を選んだ根拠を人に説明できるようになった

以上が、私のカラーコーディネーター検定試験2級受験体験記です。

最後に皆さんにお伝えしたいのは、公式テキストを全て理解しようとは思わない方がいいということです。「全てをマスターするまで受験はしない」などと言っていたら、いつになったら受験できるか分かったものではありません。

私は、好きな分野は、暗記するほどじっくりテキストを読みましたが、どうしても苦手なところは、問題集に出題されている部分だけテキストを拾い読みし、自作のカードを暗記しただけで終わらせたりもしています。

それでも、90点以上を取ることができましたので、皆さんも「どうしても分からないところは、試験後に勉強してもいいんだ」という気分で臨んでください。

ただ、「じゃあ試験の際には、とりあえず合格点をクリアできればいいかな…」という考えでは、まずいと思います。いや、とりあえずカラーコーディネーター2級合格の資格が取れればいいという場合は、それでも構わないのですが、せっかくお金と時間をかけるのに、それではもったいないというか。

私が、後にカラーコーディネーター1級や色彩検定1級に合格できたのも、こうして「試験に出る色彩用語」というサイトを運営できるのも、2級受験の際に、テキストを可能な限り読み込んだり、カードを作って暗記をしたりして、いわば底力のようなものがついたからだと思います。

これをお読みの皆さんにも、より上級の資格を狙ったり、活動の幅を広げたりするために、この機会に、できるだけ底力をつけていただければと思います。

合格体験記をもっと読む


このページのトップへ▲

ブログパーツ